インスタグラムで繋がりを作るコツとテクニック

インスタグラムをするなら、たくさんの人と繋がって楽しみましょう。
繋がりをつくるメリットは、何と言っても反応が得られることです。
投稿した写真への「いいね」が多かったり、コメントが付いたりすると嬉しい気持ちになります。
写真が評価されると、撮影が楽しくなってくるはず。

一度見に来るだけの人もいますが、相互フォローで繋がりがあれば「いいね」も一定数を保てます。
繋がりを作るコツは、相互フォローを増やすこと。
基本として、プロフィールは書いておいたほうが良いです。
インスタグラムでのプロフィールなので、個人情報を出すわけではありません。
詳しく書き過ぎないように注意してください。
たとえば普段どんな写真を撮っているのか、よく撮影して投稿する写真の種類を「景色・スイーツ」のように書くことがポイントです。
相手が写真をすべて見なくても、大体どんな写真を撮っているのか分かります。

他にもSNSをしていて見てもらいたい人は、プロフィールのところにURLを書いておけば訪問者が多くなります。
ちょっとしたメッセージをプロフィールのところに書くのも良いでしょう。

自分の写真にハッシュタグを付けるだけでなく、ハッシュタグでフォローする人を検索することも試してみてください。
「いいね」を付けてくれた人のところへ行って、「いいね」を返すのも繋がりを作る方法です。
フォローするときにコメントしてもらいたい人、逆にコメントはいらないという人もいるので注意が必要です。

繋がりを作るテクニックは、コメントのやりとり。
コメントをもらったら返信するだけでなく、相手の写真にもコメントを書きます。
ポイントは早過ぎず、遅過ぎずを心がけることです。
すぐに書きに行かず、新しい写真が投稿されたら何かコメントします。
コメントのやり取りが好きな人もいますが、長引くと「面倒だ」「しつこいユーザーだ」と思われることもあります。
適度な距離を持つことは、実際の人間関係と同じです。

仲良くなったフォロワーと写真のシェアにあたるリポストをするなど、楽しくやり取りをしましょう。
投稿した写真を削除したいときでも、インスタグラムにはアーカイブ機能があるため非公開にして再び公開することも可能です。
作成したけれど公開はやっぱり別の日にしたい、そんなときにもアーカイブが使えます。

また、見せたくない写真や情報が特定の人に当てはまる場合はブロック機能を使うことで、ブロックした人のみ情報を遮断することが可能です。
悪質なアカウントや不要な勧誘が多いアカウントを弾くという意味で使うことが出来ます。
ありがちなのは、間違って仲の良いフォロワーをブロックしてしまうことです。
インスタグラムのブロック解除方法も学んでおくと良いでしょう。

フォロワーに写真を見せるときは、自分の友達など第三者が写っていないか気を付けてください。
いくら現実世界で仲の良い友達でも、タグ付けするときは本人に聞いてから付けます。
タグ付けされたくない人もいるので、大切な友達と気まずくならないためにもマナーは大切です。
投稿されている写真のスクショはバレるものと、バレないものがあります。
長くフォロワーでいてもらうためにも、スクショしたいときは相手に聞いてみたほうが「バレるかどうか」を気にせず済みます。